サブプライムローン問題について



「サブプライムローン問題」が引き金となってUSドルの売りが進み、2008年3月17日には12年7ヶ月振りで円高水準となる1ドル=95円という円高に達しました。

サブプライムローンではリスクが小分けされる為、サブプライムローン債権を小分けにして転売したので、問題が表面化した後で、どのFX取引に問題のサブプライムローンが含まれているかが判断できず、関係があると思われる全ての取引商品が売却されるという事態を引き起こしました。筆者はちょうどそのくらいの時に、新取引のバイナリー始めたのですが、このようなポータルはXE市場.com

 fishそれ以降「サブプライムローン問題」が起因となって、アメリカでも屈指の大手証券会社のリーマン・ブラザーズが経営破綻を招きましたが、破綻の要因は「サブプライムローン問題」等の各論に関わるものではなく、原因を突き詰めていうとグラススティーガル法の廃止によるものという結論にた達します。

 グラススティーガル法は、証券会社と銀行の併営業務を禁止する法律で、いわゆる金融機関の独占禁止法に当たる効力がありました。しかしグラススティーガル法が廃止されたことにより、証券会社と銀行の併営業務が認められ、大規模な投資銀行という名称の金融機関が登場したのです。 

投資銀行は、証券会社と銀行のメリットを活かした経営を計ったことで、リスクの細分化と投資の短期化が推進され、最終的には個人のリスクを個人で管理することは不可能になりました。

2008年9月15日に起きた「リーマン・ショック」は、世界中の金融機関にとって全く予想すらできない事件として捉えられました。 

「リーマン・ショック」によりドル売りが更に進み、12月18日には13年振りの円高水準となる1ドル=87円台に達します。更に「リーマン・ショック」はドル売りだけにはとどまらず、世界を巻き込んでの株安状況を招いたことは誰もが良く知るところとなります。サブプライムローンについては、多くのポータルサイト等で取り上げられていますので、今後の参考の為に勉強しておくといいと思います。