FX初めての方に捧ぐ - FX海外でポリジャーバンドでの今後の動きの読み方



ボリンジャーバンドとは、平均からのバラ付きを見て今後の動向を判断するツールです。ボリンジャーバンドでは、標準偏差という数値を参考にして、売買の傾向の判断基準にします。標準偏差とは、データの平均値からどれだけ離れているかを見る移動平均線があり、その上と下に一本ずつ線を引いて図を作成します。これを見ることによって、市場が今、天井圏なのか、大底圏なのかを見定めることができます。ボリンジャーをつかってうまく取引を、とくに短期のトレードを考えている方はもっと詳細を見てください。

finaまず、移動平均線と並ぶ上下の線を1標準偏差とします。この範囲に価格が入る可能性が68%です。1標準偏差の更に上と下に線を引いて、ここを2標準偏差とします。2標準偏差の範囲に価格が入る可能性は、95%だと予想できます。現在変動している価格が、1標準偏差の範囲を超え、2標準偏差のところまで行こうとしているとき、またそれを超えてしまった場合、トレンドが変わることが容易に予想出来ます。更にその2標準偏差の線も超えてくると、例えば、今価格が上がっているものならば、それは近いうちに価格が下がる可能性を示しています。

とはいっても、ボリンジャーバンドは全て信用できるわけでもありません。過去の傾向を見て、そこから離れているか否かを判断していくので、過去にあった価格の傾向から全くかけ離れてしまうような場合は、予想の役には立ちません。市場が混乱して、価格の流れというものが失われてしまうようなときは、ボリンジャーバンドは役に立たせるのは難しいでしょう。