海外FX取引での注文方法



バイナリーオプション取引の中で基本的な注文の方法には以下に掲げた様々な種類のものが挙げられます。これらの各種の注文方法を、自分の投資方針や投資スタイルに合わせた形でトレーディングカスタマイズして上手に活用していくことが重要です。これができれば、FX取引で成功を収める近道になると言えるのではないでしょうか。

成り行き注文
成り行き注文とは、文字通り、相場の成り行きにゆだねる事で、刻々と移り変わる相場を逐次確認しながら、相場の流れやタイミングを見計らって、自分の売買したい時期を狙って売買する注文方法のことです。スキャルピングという超短期売買などでこの成り行き注文をすることが多くなります。

girlしかし、実際問題として、売買をしたいと狙ったタイミングと実際に取引が成立するタイミングには若干の価格差があることもあります。したがって、このタイミングで売買したい水準の価格では、実際には売買が成立しないこともよくあります。そのため、そのような売買ロスをなくすために、注文する時にどのくらいの価格差であれば売買を成立させても問題ないかといった許容スリップ(スリッページ)設定して注文することもできます。このようにすれば、タイミングの違いで売買できないということも防ぐことができます。

指値と逆指値
指値とは、予め売買を成立させたい価格水準を決めておき、その価格水準に達した時に注文を成立させる方法です。相場状況が自分の指定した価格水準に達した時に、自動的に売買が成立することになります。

これを「指値」と言いますが、その反対の意味になるのが「逆指値」という注文方法です。つまり、指定した価格水準で決済するように注文を出す事になります。そして、これらをいろいろなバリエーションで組み合わせた方法が、次から説明する、「IFD」,「IFO」、「OCO」といった複合型注文です。

IFD(イフダン)
「IFD」とは、事前に売買を成立させたい価格で注文し、さらに事前に決済したい価格を指定する複合取引です。つまり、売買の成立と決済の成立を前提にして、予めそれらすべての価格水準を指定しておく注文方法になります。

 たとえば、相場動向を見守っていたが急な用事があるときに、このIFDによる注文がうってつけです。その日の間にもしも買いたい希望価格水準に達し、さらに、希望する決済価格水準にも達すれば、用事が終わって帰ってきた時に売買と決済が完了して、口座野中には、決済完了後の利益分が入っていることになります。とても便利で使い方によっては大きなメリットを享受できる注文方法です。デイトレードをされている方はこの注文を頻繁に使われる方が多いです。

OCO
残念ながら、上述したIFDでは、もし損失が発生した場合の確定まではできません。そして、これから説明するOCOは、利益だけでなく、損切りまでもできる方法です。

 仮に、現時点ですでに、ある特定のポジションを保有しているとしましょう。ただそのポジションについて、自分が予想するように利益が出て早く利益の確定をしたいと思うような方向になれば良いですが、ひょっとすると、自分が思う方とは逆の方向に進む可能性もありえます。そのような時に威力を発揮するのがOCOです。つまり、自分が希望する利益水準を確定する価格と損切りする価格水準の両方を一度に指定することができるのです。

 要するに、指定した自分が希望する利益確定の価格水準に達した時にポジションの決済をします。この場合、予め損切りのために指定しておいた注文は取消となります。もちろん、その反対に損切りのための注文が執行され、利益確定のためにした注文が取消となることもあります。ですので、よく考えると、IFDもOCOもメリットでメリットがあるのです。そして、さらにそこを考えたのがIFOになります。[[IFOの詳しい説明は、この総合Webサイト]]

IFO
IFOとは上述したIFDとOCOを足し合わせてそれぞれのメリットを享受した注文方法です。具体的な内容としては、当初、自分が売買したい価格水準の注文を指定するとともに、その注文が成立したとき、成立したポジションの決済方法までも、利益確定と損失確定の二つを指定して注文する方法です。要は、当初、注文する時に、注文する価格、注文が成立した時に利益確定する価格、注文が成立した時に損失確定する価格の三つの価格を同時に指定しておき、その後は、相場動向を見ながらただ、注文結果を待っていればよいのです。入力は面倒ですが、このIFOが最も便利な注文方法であるかもしれません。

ここでの説明に際しては、取引画面がわかりやすく、USD/JPYのスプレッドも1銭で固定されている外為オンラインの画像を使っています。もちろん、ここで示された注文の方法については、いったん注文しても確定する以前の段階でしたら、変更可能です。

ここで説明したOCO、またはIFOについて、損切りする価格水準を指定した上での注文ということですが、トレーディングする上では最も重要視するものの一つと言えます。トレーディングにおける損切りの大切さはこちら文章をご一読ください。