海外業者におけるメタトレーダーについて


海外のfx会社(参考→www.BinaryOptionJP.com)だと大抵mt4かmt5が使えまして米ドル円とかの購入が左上ドル円などの為替相場が表示されましてそのすうじをクリックすると新規で購入することができまして購入すると左下の方に保持している通貨が出まして決済する場合は右クリックを押して決済するというボタンを押せば決済ができます。初めての方でもすんなり入っていけるツールです。

メタトレーダーとは通常はwebのブラウザなどで取引するパターンが多いのですがメタトレーダーはソフトウェアをパソコンにインストールして使用するタイプです。webのブラウザだとラグなどが発生することがありますのでそれを回避するためにあと

nuclmt4などはどこの会社も100%ではないですがメタトレーダーの使い方がわかっている場合よその会社でも同じ取引ツールを使用しているので違う会社で取引するのもスムーズに使い方がわかっているので会社も変更しやすいです。mt4やmt5は日本語の表示に切り替えれますし数字も見やすく取引した履歴も簡単に見れます。動作はスムーズでwebだと遅延が発生する時が多々ありますがmt4でそれを感じたことがありません。あとmt4だと取引する時にそのロット数、取引数量をチェックした方がいいと思います。桁を間違えると大変厄介なことになると思います。

画面左下に自分が入金した金額が現れまして、取引した履歴も数行分表示されまして過去に何を取引したかがすぐわかります。最初はどこを押したら購入になるのかなどが慣れていないのでわからないと思いますがironfxではデモ取引が行えますので試しにやってみるといいと思います。

デモ口座は最初に1000どるや3000ドルと金額を設定できまして、取引自体無料デスので何度も試せるので本番でミスらないように練習しておくといいと思います。

ironfx以外でも日本のfx会社で外資系だと大体mt4が使えると思います。日本の会社だとmt4やmt5ではなく大体自前のソフトウェアを開発してお客さんに使用してもらっていると思います。何と言ってもmtシリーズの使いやすさのポイントは処理のスピードで20pipsや10pipsを取りに行くデイトレーダーにはオススメです。

iPhoneアプリにもmt4かmt5がありますのでそちらでも使用できます。自分は海外のfx会社だとironfxを使用しています。この会社はWindowsにもMacにもmt4かmt5をインストールできますしiPhoneでもmt4、mt5が使用できます。


iPhone用のmt4を使用して見ましたがironfxだと最初にサーバーを選択してログインidとパスワードを入力すればログインできます。iPhoneでも取引して見ましたが使いやすかったです。

株式投資のコツは、一言で言えば安い株価で買って高くなったら売るということにつきます。

しかし、実際の投資を行なう場合は、実は言うほど簡単でもありません。

上がっている銘柄を買うときに、何時までも上がると思ってしまい、急騰した銘柄を今ならまだ安いと思って買ったらそこが天井で下がってしまい、1番高いところで持ったままになってしまった、ということがありますし、例え安い株価で買っていても、急騰している様子を見ていると、何処で売ればいいのか分からなくなってしまい、あまり利益が出ない株価で売ってしまうこともあります。

それは、コツに反対のことのようでもあるのですが、安く買うことや高く売ることに拘り、一番安い株価や一番高い株価で売買したいと思ってしまうからです。

株式市場の格言で頭と尻尾はくれてやれという言葉がありますが、決して頭や尻尾まで食べようとしないで、ここで買ってここまで来たら売るという自分のルールを決めることが重要になります。

具体的には、銘柄によってIRや話題のテーマなどで急騰しやすい銘柄があります。

その銘柄で行なっている事業がどのような事業なのかをよく知っている、或いは興味がある銘柄を拾い上げます。

そして、それらの銘柄の底値圏の株価と高値圏の株価を把握します。

そうした上で底値圏付近で予め買っておいて、IRなどで上がるときを待って上がったら売るという方法が、時間はかかりますがあまり損をしない投資のコツになります。

それでも上がっている銘柄を買いたい場合は、安いところを判断する基準と高いところを判断する基準を設ける必要があります。

基準は様々ありますが、考え方としては株価にも引力があるということです。

一日の株価の変動でも一週間の変動でも、引力に従って上がり引力に従って下がります。

ただ、その引力は25日平均線からの乖離率であったり、信用倍率であったりなど様々なので、銘柄ごとに判断することが重要になります。

この株価を動かす引力を知って売買する事も投資を行なうコツになります。
そして、もう一つのコツは心構えになります。

買った銘柄が急騰しているときの心の状態を考えてみると、興奮して高揚しウキウキした思いが高まります。

この高揚感が問題で、この感情に嵌ってしまうと何時までも上がるような錯覚に陥ってしまい、先に書いたように何処で売ったらいいのか分からなくなってしまい、売り時を逃してしまいます。

実際に成功している投資家さんの中では、浮かれる思いが出てきたら売ると決めている人もいますので、何時でも冷静に売買を行なうことが、実は一番の投資のコツになります。