海外業者におけるメタトレーダーについて


海外のfx会社(参考→www.BinaryOptionJP.com)だと大抵mt4かmt5が使えまして米ドル円とかの購入が左上ドル円などの為替相場が表示されましてそのすうじをクリックすると新規で購入することができまして購入すると左下の方に保持している通貨が出まして決済する場合は右クリックを押して決済するというボタンを押せば決済ができます。初めての方でもすんなり入っていけるツールです。

メタトレーダーとは通常はwebのブラウザなどで取引するパターンが多いのですがメタトレーダーはソフトウェアをパソコンにインストールして使用するタイプです。webのブラウザだとラグなどが発生することがありますのでそれを回避するためにあと

nuclmt4などはどこの会社も100%ではないですがメタトレーダーの使い方がわかっている場合よその会社でも同じ取引ツールを使用しているので違う会社で取引するのもスムーズに使い方がわかっているので会社も変更しやすいです。mt4やmt5は日本語の表示に切り替えれますし数字も見やすく取引した履歴も簡単に見れます。動作はスムーズでwebだと遅延が発生する時が多々ありますがmt4でそれを感じたことがありません。あとmt4だと取引する時にそのロット数、取引数量をチェックした方がいいと思います。桁を間違えると大変厄介なことになると思います。

画面左下に自分が入金した金額が現れまして、取引した履歴も数行分表示されまして過去に何を取引したかがすぐわかります。最初はどこを押したら購入になるのかなどが慣れていないのでわからないと思いますがironfxではデモ取引が行えますので試しにやってみるといいと思います。

デモ口座は最初に1000どるや3000ドルと金額を設定できまして、取引自体無料デスので何度も試せるので本番でミスらないように練習しておくといいと思います。

ironfx以外でも日本のfx会社で外資系だと大体mt4が使えると思います。日本の会社だとmt4やmt5ではなく大体自前のソフトウェアを開発してお客さんに使用してもらっていると思います。何と言ってもmtシリーズの使いやすさのポイントは処理のスピードで20pipsや10pipsを取りに行くデイトレーダーにはオススメです。

iPhoneアプリにもmt4かmt5がありますのでそちらでも使用できます。自分は海外のfx会社だとironfxを使用しています。この会社はWindowsにもMacにもmt4かmt5をインストールできますしiPhoneでもmt4、mt5が使用できます。

iPhone用のmt4を使用して見ましたがironfxだと最初にサーバーを選択してログインidとパスワードを入力すればログインできます。iPhoneでも取引して見ましたが使いやすかったです。